HOME

薄毛に予防に効果のある育毛剤と育毛剤シャンプーについて

当サイトは薄毛に悩む人、薄毛予備軍の人、すでに薄毛から軟毛化し若ハゲへと移行しつつある人達へ薄毛に効果のある育毛剤や育毛専用シャンプーの紹介をしているサイトです。紹介だけではなく育毛に必要な知識やなぜ薄毛になるのかその原因についても説明をしています。薄毛ではないか?と悩んでる人達は薄毛原因の記事からご自分に当てはまる原因はないか確認してみては如何でしょうか?

育毛剤、育毛方法の紹介では薄毛の原因、タイプにより効果のある育毛方法、育毛剤、育毛シャンプーについて解説しています。育毛方法は個人差がありその人の症状や体質にあわせた育毛対策を施す必要があります。育毛剤によいものを使えば必ず効果が確約されているわけではなく使用する育毛剤で効果が出るように頭皮の環境を整えるための育毛剤シャンプーを選び発毛を妨げる生活環境の乱れや原因を改善する必要があります。

  • 頭皮の環境改善を再優先に行う
  • 発毛を妨げる原因を取り除く
  • 発毛しやすい環境を整える
  • 育毛剤を使い休止状態の毛根を再活動させる

上記4点が育毛に必要なポイントです。頭皮が気づいた状態、汚れた状態を改善するのが発毛しやすい環境となり発毛を妨げる原因を取り除くために食生活や生活習慣の乱れを改善することに繋がります。

これらが改善された時に育毛剤は効果を発揮します。毛穴が詰まった状態で育毛剤を使用しても毛根まで育毛剤の成分は届かず頭皮を余計に汚すだけの結果となります。頭皮の改善、毛穴の汚れを落す方法については当サイトでも解説しているので参考にしてみてください。

頭皮改善は一朝一夕では実現しない長い期間の取り組みとなります、最低でも数ヶ月の期間は頭皮改善に取り組む必要があります。これは発毛サロンでも同じことで専門の機械を使っても一旦、壊れた発毛メカニズムが正常に戻るまでには一定の期間が必要ということです。

薄毛対策しても効果が望み薄の人とは

懸命に薄毛対策を行い育毛にも励んでいるのに期待したよりも効果が得られない人、残念なことですが実在します。原因は不特定多数に存在しますがよく言われるのは遺伝的に薄毛になりやすい遺伝を引き継いでいる人、ヘルメットを着用する時間が長い人、男性ホルモンが豊富な人、元々の髪質が柔らかい軟毛の人などです。

  • 薄毛になりやすい遺伝を引き継いだ人
  • ヘルメットなど蒸れやすいものを長時間着用する人
  • 男性ホルモンが豊富な人
  • 髪質が柔らかい軟毛の人

上記のタイプに該当する場合、育毛効果は期待よりも低いそうです。

薄毛になりやすい体質とは頭皮脂が過剰に分泌されやすい人で遺伝として受け継がれやすいのが特徴です、解決策は過剰に分泌される皮脂を正常な状態にまで抑えることです、そのための育毛剤と育毛剤シャンプーも発売されています。

ヘルメットなど頭皮が蒸れやすいものを長時間かぶると毛穴が広がり汗や髪についた汚れが毛穴に詰まりやすくなります。毛穴が詰まると頭皮の下から伸びてくるはずの髪の毛が出口を塞がれた形となり頭皮表面に出にくくなります。この状態になると普通のシャンプーでは毛穴につまった汚れを取り除くことができなくなります。そのまま放置すると詰まった毛穴入り口はそのまま頭皮へと変化し髪の毛が生えない結果に繋がります。

男性ホルモンが豊富な人がなりやすい薄毛は頭頂部が薄くなるタイプと旋毛から頭頂部に向かって薄くなるM字タイプですが頭頂部に男性ホルモンが集中するのをAGA(男性型脱毛症)と呼び多くの男性がなりやすい症状と言われています。このAGAを引き起こす原因は解明されており今以上の解決策が望まれています。朗報なのは医療機関で診察を受けることができ保険が適用されること、そして医療期間で処方された薬を用いることで一定の回復が認められている点でしょう。

髪質が柔らかい人の多くは髪の毛が細く柔らかい状態が普段の健康な状態なのですが一旦、髪の毛の発毛リズムが狂うとあっという間に薄毛症状に変化するのが特徴です。髪の毛が細い、柔らかいこと自体は個人差なので特に問題にする必要はありませんが薄毛症状が始まったときには進行も早いので素早い予防策が必要となります。

この場合、毛穴の汚れ詰まりが原因なのか?それとも生活習慣の乱れが原因なのか?自分の体質変化が原因なのか知る必要があります。そしてこれらの原因を自分で判断するのは難しく医療機関での診断を仰ぐのが最善の方法となります。診断の結果、処方される薬を使うか市販品を使うかは本人の自由ですが処方された薬を服用することをススメます。

 

公開日: