育毛に効果のある食べ物

発毛、育毛に効果のある食べ物

発毛、育毛に効果の高い食べ物の説明、発毛を促すために食べておきたい食物など解説していきます。普段から口にする食べ物に気をつけることで発毛を促すことが可能なのでおすすめです。

発毛に亜鉛は効果がある

発毛には亜鉛がよいと言われ亜鉛を多く含んだサプリメントや育毛剤を服用する人もいます。実際、亜鉛には細胞の新陳代謝を活発にする効果があり、亜鉛が不足がちな髪の毛は抜けやすくなるようです。亜鉛をふんだんに含んだ食品としては牡蠣は特に有名でサプリメントにも牡蠣エキスを抽出したサプリが販売されています。牡蠣以外では牛肉の赤身、いわしなどに代表される魚にもおおく含まれます。

亜鉛自体の摂取は普通の食事でも賄えるはずなのですが食生活が乱れると亜鉛不足に陥りやすくなります。食生活の乱れとはコンビニ弁当やインスタント食品中心の食生活で保存のための添加物の過剰摂取や揚げ物中心のメニューを摂り過ぎることで脂分のおおく亜鉛や野菜の少ない食生活になってしまいます。

発毛に効果のある食べ物

海藻類

ワカメ、海苔、昆布、めかぶ、もずくなどの海藻類に含まれる。フコイダン成分には発毛促進効果があると言われています。

コラーゲン

コラーゲンには肌に潤いを与える効果があるので、頭皮を柔らかくし、髪が生えやすい頭皮環境を整えてくれます。髪は頭皮の中にある毛根から生えているのでコラーゲンが不足して頭皮が硬くなると抜け毛が増えます。コラーゲンの摂取は手羽先など肉類に多く含まれていますが動物性脂が気になる場合は粉末タイプで摂取するのも良いでしょう。

みかん

みかんには血管を拡張する働きがあるので血行が良くなり、栄養が頭皮までスムーズに届くようになります。みかんの皮には頭皮を柔らかくし、
毛乳頭細胞を増やす成分が含まれるため昔の人はみかんの皮を焼酎に漬け込んだりして自分でみかんの育毛剤を作る人もいたそうです。この作り方は手軽ですぐにできるので実践する人も多くいます。

ナッツ類

大豆食品を食べるとタンパク質が摂取できますが亜鉛がないとタンパク質は髪に変わりません。タンパク質を髪に変える亜鉛はピーナッツなどのナッツ類にたくさん含まれています。ピーナッツには毛母細胞の働きを活発にする効果もあります。砂糖(白糖)を含むお菓子やポテトチップなどのジャンクフードは抜け毛の原因にもなるのでおやつや間食をどうしてもやめられない人はお菓子をナッツ類に変えるのもおすすめです。

亜鉛

亜鉛は、牡蠣(カキ)、レバー、チーズ、卵黄、うなぎ、納豆、海苔、もも肉、ホタテ、そば粉、干しエビなどにも多く含まれています。この中で、レバーには鉄分、亜鉛、ビタミンA、ビタミンB2・B6など髪に必要な栄養素がたくさん含まれています。

唐辛子

唐辛子には血行を促進するカプサイシンが含まれており抜け毛予防や発毛促進に効果があります。唐辛子を含む食べ物には、キムチなどがあります。カプサイシンは大豆イソフラボンと一緒に摂るとIGF-1という成長因子が増えて発毛促進効果が得られます。さらに、豆腐や納豆を食べると
髪の毛の原料となる良質なタンパク質を摂取できるので私は納豆やみそ汁に七味唐辛子をかけて食べています。ちなみに唐辛子の1日の摂取量は2gです。

発毛によくない食べ物について

一方で、発毛には良くない影響を与える食べ物があります。

塩辛い物
高血圧や動脈硬化の原因になります。老化を早めるので脱毛を促進する結果となります。

刺激物、香辛料
皮脂腺を活発にさせるので頭皮が脂っぽくなり抜け毛を促進します。毛穴の詰まりも顕著にすすみます。

脂っぽいもの
脂分を摂りすぎで毛穴が詰まり髪の毛が成長する前に抜け落ちる症状があります。毛穴が完全に詰まると毛根から髪の毛が生えてこなくなり永久脱毛状態となります。脂っぽいもの、動物性脂肪は健康にも育毛にも良くない結果をもたらします。タンパク質も髪の毛を作るのに必要不可欠ですが動物性のタンパク質ばかり摂取すると血液や血管がダメージを蓄積して結果、血液の流れが悪くなり髪の毛の成長に必要な栄養素が充分に行き渡らないため薄毛が進行してしまいます。

   

 - 育毛種類