おすすめ育毛剤

おすすめ育毛剤と頭皮ケアシャンプー

育毛剤も薄毛の進行状況、抜け毛のタイプによって使い分けるとより効果を実感できるますが、成分の種類やどのタイプが自分に合ってるか判別しづらいのも事実です。そこでタイプ別に育毛剤の特徴について解説していきます。

その前に育毛剤を使用後に必ず行うことは頭部のマッサージを実践することです。育毛剤を頭皮に塗布したあとはじんわりと頭が暖かくなるのが実感できると思います、これは育毛剤に配合された成分が頭皮下の毛細胞を刺激し血行を良くすることで血流の巡りが良くなり頭皮の温度が上がるために起きる現象ですが、この状態を長持ちさせる、頭皮を柔らかくして緊張状態をほぐす効果がマッサージにはあります。どのタイプの育毛剤を使用しても塗布後のマッサージは欠かさないようにしてください。

抜け毛や急に増えた、生え際が気になりだした男性向け

男性が薄毛から若ハゲになる場合、症状として多くあらわれるのが前髪の生え際か頭頂部が薄くなっていくパターンです。生え際や頭頂部から薄くなる人に共通するのが髪の毛の成長に必要な栄養が足りていない、血行がよくないなどです。

このタイプにあった育毛剤を選ぶポイントは血行促進と栄養補給に優れた育毛剤を使用することです。血行促進だけに特化した育毛剤は沢山ありますが、それに栄養補給まで含んだ育毛剤は数が少ないので購入の際にはよく検討してから購入してください。

血行促進(末梢血管拡張)と栄養補給を配合した育毛剤としてオススメなのが濃密育毛剤BUBUKAです。濃密育毛剤BUBUKAの特徴は育毛剤に必要な成分のほぼ全てが配合されていることです。

濃密育毛剤BUBUKA(ブブカ)の特徴

濃密育毛剤BUBUKAに配合されている成分一覧

  • 男性ホルモン抑制成分
  • 血管拡張
  • 栄養補給
  • 抗脂漏
  • 保湿
  • 頭皮代謝
  • 抗菌成分
  • 抗酸化作用
  • 特徴成分配合 M-034

濃密育毛剤BUBUKAに配合されているM-034とは何か?

M-034は有効な発毛促進成分のことでBUBUKAはそのM-034の含有率が育毛剤の中でもトップクラスです、発毛を促す効果のある成分としてミノキシジルが有名ですが、ミノキシジルは頭皮全体の血流を活発化させ育毛を促進する効果の高い成分です、しかし頭皮の健康状態のケアでの面では少々残念な部分も報告されており使用後に頭皮に痒みがでてきた、常に頭皮がむず痒い状態は続くなどトラブルも報告されています。そのためミノキシジルを配合する場合は含有率は5%以下に抑えるよう制限が設けられています。

M-034の場合では海藻類から抽出された天然成分を用いるので人体に優しく副作用が少ない、そして発毛促進効果がミノキシジルと同等であることが実証されており使用後のトラブル報告が皆無なのも特徴です。

また長年、育毛剤に採用されていたアルコール成分もBUBUKAでは一切採用せずにいます、元々、アルコール成分を育毛剤に配合すると塗布後に清涼感を得やすく頭皮の状態を維持する役目も果たしてくれるのですが刺激が強いため弱っている頭皮に使用すると頭皮の細胞にダメージを与える、毛乳頭細胞にダメージをうけると育毛剤に含まれる栄養素が行き渡らないトラブルへと繋がります。BUBUKAはノンアルコール製法なので肌への刺激も弱く毛乳頭細胞へも栄養が行き渡りやすいのが特徴です。

頭皮のベタつき、フケの多さが気になる人向け

シャンプーの後や寝起き直後に頭皮に不快感を感じる人はどのような点を不快と感じるのか?不快に感じる原因について

頭皮に不快感を感じたことがある、不快と思う症状について

  • 頭皮の痒み
  • フケの多さ
  • 頭皮に出来たニキビのような吹き出物
  • ケアカラー後のヒリヒリ感
  • 赤み、湿疹

これらの不快感の原因はデリケートな頭皮にあります。頭皮の弾力さ健康状態には個人差がありますが頭皮のベタつきや痒み、フケの多い人に共通するのがデリケートな頭皮の持ち主であること、繊細な頭皮のため合っていないシャンプーを使い続けることで頭皮の潤いが失われる、抜け毛が増える、乾燥肌になると言った症状を引き起こす可能性が高くなります。

そこでシャンプーを変えて頭皮を健康な状態にもどす必要があります。いわば頭皮を改善するためのシャンプーを使い頭皮を清潔に保ちフケの原因となる乾燥を防ぎます。シャンプーに必要な役割として頭皮の潤いを守り髪と頭皮を健康に保つこと、洗浄力で毛穴の汚れを取り除き頭皮にのこる余分な皮脂を取りのぞくこと。

これらを兼ね備えたシャンプーとしてオススメなのがTHE SCALP 5.0cです。

THE SCALP 5.0cの特徴

THE・SCALP5.0cは新しい発想、デルタ理論のもとに開発された育毛剤シャンプーです。デルタ理論とは「浸透力」、「有用成分」、「めぐりの力」にこだわった結果としての理論です。今までのヘアケア対策では頭皮マッサージが非常に重要と言われてきました、確かに頭皮マッサージはヘアケアに欠かせないパートでありマッサージすることで血行を良くする働きと硬く突っ走っている頭皮をほぐす効果が実証されています。

でも、マッサージだけでは充分な効果を得ることが難しいと考えた開発チームが導き出した理論がデルタ理論、デルタ理論の特徴のひとつが水の力、次に水の力にこだわった理由について説明します。

水の力、マイナスイオン水

ヘアケアに必要な頭皮マッサージだけでは不十分と考えた開発チームが着目したのが水の力です。意外と知られていませんが従来の育毛剤の中身は90%が水からできています。水の中に育毛剤成分が含まれそれが頭皮奥深くの毛母細胞を刺激するのですが、注目されるのはいつも含まれる成分ばかりで水の力に注目する育毛剤は少なかったのが従来の育毛剤でした。

そこで開発にあたり水の力をジェットフロー効果で頭皮に浸透させることに着目、目をつけたのが高千穂鉱物を浸して浄化させた「マイナスイオン水」でこの水は分子運動が半永久的に起きる酸化しない水となっているのです。水を浄化させるのに使っている鉱石は「天照石」と古くから漢方で用いられている「麦飯石」のふたつこれらを独自加工によりミネラル水に含ませることに成功。実際にこのミネラル水を頭皮に塗布すると血行がよくなり頭部の温度もあがるのが実証されています。

公開日: