育毛剤とは

育毛剤の役割

育毛剤の役割はズバリ、衰えた髪の毛、薄くなった髪の毛を元のハリのある元気な髪の毛に戻すことです。しかし実際のところ元の健康な状態に髪の毛を戻すのは非常に難しい作業であり育毛剤だけではなく頭皮の状態の改善、生活習慣の改善など多様な改善を行うことでようやく効果が現れるのが育毛です。

育毛剤は頭皮の状況が健康な状態で使用することで効果を発揮します。育毛剤に含まれる成分の中で必ず含まれるのが下記の成分と特質です。

  • 男性ホルモン抑制成分 (男性ホルモンが原因の薄毛を抑制する成分、男性ホルモンが発生しにくくする)
  • 血管拡張成分 (末梢血管を拡張することで血行、血流を促進する効果をもたらす)
  • 栄養補給分 (頭皮や髪の毛の成長に必要なビタミン類の栄養を与え頭皮細胞を活性化させる)
  • 保湿成分 (頭皮の保湿により余分なフケや頭皮代謝の低下を防ぐ)
  • 消炎成分 (頭皮の肌荒れが原因により炎症をふせぎ痒みやフケの発生を予防する)
  • 頭皮代謝活性化成分 (衰えがちな頭皮代謝を外部からの刺激で促進する役割)
  • 抗脂漏成分 (頭皮皮脂の過剰分泌を抑え頭皮を清潔な状態に保つ)
  • 抗菌成分 (頭皮にある雑菌をおさえ頭皮を清潔な状態に保つ)

などが配合される代表的な成分です。育毛剤を選ぶときのポイントとして育毛成分がおおく含まれていること(最低でも上記にあげた成分は含まれているものを選ぶ)育毛成分の効果が高いものを選ぶがポイントになります。特に男性ホルモン抑制成分は薄毛の原因となる男性ホルモンが発生するのを抑えるために必要となります。

詳しくは、こちらでも学べますよ!かなり濃い記事です! →育毛剤ランキング(waka-hage.com)

男性ホルモン抑制成分の働き

男性ホルモンが頭部に発生するとなぜ髪の毛が薄くなる、抜けやすくなるのは何故か?その理由について解説します。まずAGA(男性型脱毛症)は額の生え際や側頭部から頭頂にかけて髪の毛が薄くなっている症状です。薄毛状態では髪の毛のボリュームが少なくなり頭皮が透けてみえるようになります。

この状態は落ち着くことはなく進行を続け最終的には頭頂部の髪の毛がない、ハゲる状態となります。AGAのDHT(ジヒドロテストステロン)が高密度で確認され、このDHTによって髪の毛の成長サイクルが短くなり本来、髪の毛が太く長く成長するところを細く短くしか成長しない髪の毛に変化させて抜けやすい髪を生み出します。

DHTは5αリダクターゼという還元酵素がDHTというホルモンへ変換され毛乳頭細胞にある受容体へ結合して髪の毛の成長を止めてしまいます。そこで薄毛の解決として考えられたのが5αリダクターゼがDHTに変化する前に止めれば発毛の成長を邪魔することはないのでは?という考えです。男性ホルモン抑制成分はその考えのもと5αリダクターゼの働きを抑える役割があり薄毛の初期段階から使用すると効果が高いと言われています。

AGAの特徴的な症状は下記が挙げられます。

  • 抜け毛がおおくなった
  • 毛が細くなった
  • 毛の成長が遅い
  • 地肌が透けてみる箇所が増えた
  • 頭皮が脂っぽくなった
  • 髪の毛がセットしづらくなった

髪の毛が成長する前に抜けてしまい抜け落ちた頭部が薄く透けてみえるのですが髪の毛の成長に関わるヘアサイクルが乱れることでも髪の毛の成長は止まることがありAGAだけが抜け毛の原因と言えないケースもあります。

この場合、育毛剤に頼る前にヘアサイクルを乱す生活サイクルを見直す必要があります。生活サイクルを狂わす原因のおおくはストレスによる影響と食事、生活習慣が不規則になったことによって引き起こされるのです。

生活習慣の中で髪の毛にとって良くないと言われるのが下記となります。

  • 不規則な食生活
  • 深酒
  • 喫煙習慣
  • 運動不足
  • ストレス過多
  • 睡眠不足

どれも髪の毛の健康、体の健康にも関わってる事でありよいシャンプーやよい育毛剤を使用しても上記の生活習慣や健康面の問題があれば効果が半変してしまいます。上記項目に該当する人は育毛剤を使用する前に自分の生活スタイルの見直しから始めることにしましょう。

男性ホルモン抑制成分の代表的な成分について

男性ホルモン抑制成分として効果があり多くの育毛剤で配合されている成分にはエチルエストラジオール、冬虫夏草エキス、フラボステロン、エストラジオール、キナエキス、オオバナサルスベリエキス、オウゴンエキス、ソウハクヒエキス、スピロノラクトン、ジエチルスチルベストロール、キウイエキスなどがあります。

いずれもDHTが出来るきっかけとなる5αリダクターゼの働きを防ぐ効果があり、その効果が高いものとして有名なのがプロペシアです。髪の毛、頭皮に塗布しないで服用するタイプとして有名なのはロニテンがあります。

 

 

 

      2016/10/11

 - 育毛種類