育毛剤基礎知識

覚えておきたい育毛に効果ある成分について

育毛、発毛に関する知識として成分の名前や役割について解説していきます。多くの育毛剤、発毛シャンプーに配合される成分を知ることで自分の症状にあった育毛剤、育毛シャンプーを選ぶ際に役立ちます。

フィナステリド
男性ホルモンによる脱毛作用を抑止する効果が期待できる塗布するタイプのおおい育毛剤の中で「飲む育毛剤」として服用することが出来るのが特徴です。薄毛への働きとしてAGA(男性型脱毛症)の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を生成する酵素「5αリダクターゼ」の働きを防ぐ効果が期待できるのが特徴です。

ミノキシジル
ミノキシジルは、高血圧患者の治療に開発された血圧の薬ですが治験のときに使用患者のおおくに髪の毛が増える症状が確認されたことから育毛、発毛への薬として開発された経緯があります。特徴として血管を拡張させ頭皮の血行を促進させる働きがあります。

ミノキシジルの使用方法としては頭皮に塗布するのが一般的です有名な育毛剤としてリアップ、ロゲイン、カークランドなどがあげられます。市販されるものは頭皮に悪影響を与えないよう高密度なものを使用することは禁止されています。

高密度のミノキシジルを頭皮に使う際は医療機関での処方となり発毛効果を得やすいのが直接頭皮に注射する方法ですが高濃度のミノキシジルを注射し全身に副作用が及ぼさないようする方法となります。

ミノキシジルとフィナステリドとの併用
ミノキシジルはフィナステリドとの併用には効果的があるといわれフィナステリドが男性ホルモンを抑制することで脱毛をとめ、ミノキシジルが発毛因子を刺激し発毛を促す相乗効果が実証されています。

ミノキシジルとフィナステリドの副作用について

ミノキシジルの副作用の特徴は頭皮のかゆみやかぶれ、手足のむくみやなどが代表的な副作用と言われています。本来は高血圧用に開発された薬が元となっているので低血圧の人や高血圧で治療を受けている人でも副作用が症状にでるケースがあります。もうひとつミノキシジルを使用すると最初の頃に脱毛が顕著になる場合があります。抜け毛が増えてくるので心配される人もおおいのですが、おおよそ10日間から14日間くらいで症状は治まります。

フィナステリドの副作用
比較的副作用は少ないフィナステリドですが、服用後に胃部の不快感や性欲減退など副作用を訴えるケースも報告されています。フィナステリドを服用した初期段階に初期脱毛があらわれるケースあります。初期脱毛は崩れている発毛サイクルを強制的に戻すため成長中の髪の毛も停止させ正常サイクルからやり直しさせるため抜け毛が一時的に増える症状です。抜け毛の期間は目安として1ヶ月程度、その後は正常な発毛サイクルに戻るので抜け毛が減っていきます注意したいのが
フィナステリドは女性には使ってはいけないと言う点です。

ノコギリヤシの効果

ノコギリヤシは育毛剤などに配合される成分でサプリメントにも配合されています、効果として脱毛の原因のひとつである男性ホルモンを抑制する効果があり脱毛を促進させるジヒドロテストステロンの生成を抑える働きがあります。副作用が少ないことから育毛剤や育毛シャンプーに配合され手軽に使用することができるのも特徴です。

ノコギリヤシの副作用
ノコギリヤシはヤシの木の一種で天然の植物であり過剰な男性ホルモンを抑える効果があります。人工的に作られた育毛剤のミノキシジルやフィナステリドより副作用が少なく医薬品ではないため多くの育毛シャンプーや発毛サプリメントに採用されるケースが増えてきています。

ノコギリヤシと男性ホルモンの関係
抜け毛薄毛の原因のひとつに男性ホルモンによる影響がありますが、原因としてジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる脱毛ホルモンが働くことで脱毛症状が発症します。一般的な男性ホルモンであるテストステロンが毛包の細胞質にある5αリダクターゼという酵素によってDHTへと変化します。ノコギリヤシの効果は5αリダクターゼ酵素を抑制する事にありノコギリヤシ果実から抽出した成分が5αリダクターゼの働きを抑えて脱毛症状が現れないようにする効果が期待できます。

公開日: