育毛剤シャンプー

髪の毛の成長を助ける育毛剤シャンプー

髪の毛に優しいシャンプーと頭皮によいシャンプー果たしてどちらを使用したほうが髪の毛は成長するのか?巷には数多くのシャンプーが並びどのシャンプーも様々な効果や成分配合をうたっています。髪の毛のダメージをケアするなら髪の毛に優しいシャンプーがおすすめですが育毛、薄毛予防には向いてません。

髪はすでに成長を止めた細胞であり傷んでも髪の毛の成長には関係はありません。髪の毛が正常に生えるヘアサイクル正常に機能していれば薄毛になる可能性は低いと言えます。髪の毛が薄く見えるのは髪の毛のボリュームが少ない、髪の毛が細くなるためで髪の毛のダメージよりも頭皮のダメージ、毛穴の汚れなどが原因となります。

髪と頭皮にやさしいシャンプーの特徴

髪と頭皮に優しいシャンプーの特徴は如何にあげる2点です。

頭皮の脂をとりすぎない
髪と同じ成分が配合されている

この2点をクリアしているのが髪と頭皮にやさしいシャンプーと言えます。頭皮の脂をとりすぎないシャンプーとは頭皮を守るためには必要咲いて減の皮脂が必要となります。ところが皮脂を取り除きすぎると頭皮を守る機能が低下して肌荒れの原因になります。フケが異常にでやすい人は一度、シャンプーのし過ぎかシャンプー自体を刺激の弱いものに変えてみるのもよいでしょう。

頭皮から必要な皮脂がなくなると頭皮を守るため皮脂が異常分泌されます、その結果洗髪するほどに脂ぎった頭皮になってしまいます。

髪と同じ成分が配合されているものを選ぶ
女性用の肌ケア商品にはヒアルロン酸配合など肌に含まれている成分を外から補うことで肌の健康を保つのが流行しています。肌と同じ成分をつかうので拒否反応も少なく副作用が少ないのが特徴です。同じように髪も同じ成分でケアすることで髪の健康を保ちます。髪の主な成分はタンパク質から分解されたアミノ酸です。

アミノ酸成分を配合しているシャンプーは育毛剤や育毛シャンプーに髪にやさしいシャンプーとも言えます。産毛の生えを助けるシャンプーは主に頭皮環境、育毛環境を整えるシャンプーです。

生えたばかりの髪が傷んでいるということはまず無いから髪のケアではなく産毛の生えを助けるのは以下の3点となります。

血行促進
抗炎症作用
男性ホルモン抑制

ところが、これら3つの成分が入っているシャンプーを見つけるのはなかなか難しく育毛シャンプーよりも育毛剤の方が得意分野となります。血行促進にはセンブリエキス。抗炎症作用にはグリチルリチン酸ジカリウムが代表的な成分です。

育毛剤シャンプーの選び方

育毛剤シャンプーを選ぶ方法には下記の特徴を掴むと探しやすいです。

  • アルコール系シャンプー
  • 石鹸シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー

育毛シャンプーを大きく分類すると上記3つになりますが髪の毛に優しく頭皮にも優しいのはアミノ酸系シャンプーです。アルコール系シャンプーは頭皮には刺激がつよく、石鹸シャンプーはアルコール系シャンプーより洗浄力は落ちますが頭皮への刺激もすくないのが特徴です。石鹸系シャンプーを選ぶときには天然成分を使った保湿効果の高いものを使用すると良いでしょう。

はじめて石鹸シャンプーを使用した人は洗髪後に髪の毛がゴワつくことに違和感を感じるかもしれませんが髪の毛は弱酸性のため石鹸シャンプーを使用すると馴染みにくく髪の毛が多少なりダメージを受けてしまいます。

頭皮にも優しく髪の毛にもよいシャンプーが必要な人にはアミノ酸系シャンプーがおすすめです。育毛シャンプーとして一番おおく配合され販売されているのがアミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸系シャンプーの特徴は肌への刺激が弱いこと、そして頭皮の皮脂を必要最低限取り除く洗浄力があることです。前述したとおり皮脂を摂り過ぎると頭皮が乾燥しダメージを受けやすくなります。そこで必要最低限の皮脂を取り除くシャンプーが最適なわけです。

また髪の毛の成分はアミノ酸が原料ですから同じ成分のアミノ酸系シャンプーなら髪の毛への馴染みもよく髪の毛にも優しく頭皮も清潔に保ってくれます。アミノ酸系シャンプーの多くにはラウロイルメチルアラニンNaやココイルグルタミン酸TEAなどが代表的な成分です。

   

 - 育毛種類