薄毛の原因

薄毛が発生する複数の原因について

薄毛の原因はコレだとひとつに絞ることが出来ないほど複数の原因がありますが最近ではその複数の原因に対応するの治療方法が確立されつつあります。薄毛。抜け毛には症状ごとに種類があり髪の毛が薄くなったといっても個人差や薄くなる箇所によっても治療方法が違ってきます。
自分の原因を抑えて、しっかりと解決していきましょう。

薄毛になる原因

一般的に薄毛の原因の代表的な症状は下記となります。

男性ホルモンの分泌が原因
頭皮の状態が悪い、血行不良、毛穴つまりにより毛乳頭に栄養が行き渡らない
皮脂分泌が毛穴に詰まり髪の毛が抜ける
ストレスによる脱毛、食生活の乱れによる肥満が原因による脱毛

上記のように脱毛には個人差や遺伝子、生活習慣、ストレスなど複数の原因が重なることで起きる場合と特定の原因によって起きる場合に分かれます。当然、治療方法や予防法も原因にあわせて行い必要があります、そのため自分の薄毛の原因を知ることは発毛促進を促すためにも必要なことなのです。

自分の症状の原因が分からない人は医療専門機関などでカウンセリングを受けるとよいでしょう。カウンセリングでは遺伝子が原因か普段の生活が原因かなど細かく薄毛原因と適切な治療方法のアドバイスをうけることができます。症状にみあった治療薬も処方してくれるので個人であれこれ悩むより最短で薄毛予防対策をすすめることが可能です。

男性が薄毛、若ハゲになる大きな原因のひとつに過剰な男性ホルモンの分泌があります。男性ホルモンは体を作るうえで必要不可欠なものですが、テストステロンというホルモンが原因により脱毛が発症します。ジヒドロテストステロンというホルモンに変化することで薄毛が発症し抜け毛が増えてしまいます。

ジヒドロテストステロン(DHT)が原因の脱毛と遺伝について

ジヒドロテストステロン(DHT)とは脱毛を促進してしまう成分であり、体内にあるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によりDHTに変化します。変化したDHTは毛根の周りの毛細血管から毛乳頭の細胞に取り込まれ髪の毛を成長させる毛母細胞の働きを低下させてます。この状態になると髪の毛は成長する前に抜け落ち、ヘアサイクルの中の休止期が長くなるため髪の毛の成長が遅くなってしまいます。

遺伝によって薄毛になる若ハゲになると言われる所以はこのDHTが多いか少ないかに左右される事を指します。遺伝としてDHTへの影響を受けやすい体質かどうかが焦点となります、そして遺伝によってこの体質は受け継がれやすいことが研究により報告されています。

現在の医療では影響を受けやすい体質かどうかを判断することが可能なので自分の身内に薄毛、ハゲがおおく自分の髪の毛も薄いと感じる人は早い段階で専門の医療機関で診察うけるのが良いでしょう。

医療機関で診断を受け適切な処方をもらっても残念ながら薄毛の原因であるDHTの活動を抑えることは難しくテストステロンも男性ホルモンとして必要なので治療薬で抑えることはできません。では治療としてどのような方法があるのか?といえばテストステロンがDHTに変化する際に必要な酵素5αリダクターゼの働きを抑えることでDHTへの変化を抑え薄毛対策をすることが可能となります。

治療薬として有名なのがフィナステリドがあり効果はDHTに変化する前に5αリダクターゼの働きを抑えることができます。フィナステリドは前立腺肥大症状への治療薬として使われていましたが使用患者に発毛効果が認められたことで発毛薬として開発され発毛薬や育毛剤などに使われるようになっています。日本でも万有製薬よりプロペシアの名前で発売されていますが原則として医師の処方箋が必要なので個人で購入する場合は海外から輸入することになります。

   

 - 薄毛の原因