薄毛の予防方法

間違えた薄毛予防について

薄毛予防に薄毛専用のシャンプーを使うことが勧められる人も多いかもしれませんがせっかくの専用シャンプーも間違った使い方では効果が半減してしまいます。間違えた薄毛対策をすることでかえって頭皮にダメージを与えていることに気がつかない人もいるくらいです。ここでは誤った頭皮ケアについて解説してみます。

薄毛予防でよく耳にするのが下記の薄毛予防対策です。

1日に何度もシャンプーをして皮脂を取り除く
ブラシなどで頭皮を叩いて血行を促進
血行を改善するために入念にマッサージ
高圧水流など専門の器具で頭皮ケア

実はこれらは薄毛予防対策にはなりません、それどころか弱った頭皮を更に痛めることになりかねません。
1日に何度もシャンプーをして皮脂を取り除くことに専念する人がいます、確かに過剰な皮脂が毛穴に詰まることで髪の毛の成長を妨げる原因になります。しかし、必要な皮脂まで取り除くと体はそれを補充しようとさらに皮脂を分泌します。

なんとなく無理なダイエットのあとに食事をするとあっという間にリバウンドするのに似ていますが人間の体は足りないものを補充する働きをもち皮脂が足りなくなり頭皮がカサカサになると通常よりも多くの皮脂を分泌するようです。その結果として綺麗に洗っているのに皮脂は大量分泌されるという本末転倒な結果となってしまいます。

ブラシなどで頭皮を叩いて血行を促進はNG
頭皮への刺激で血行を促進する方法は叩くブラシなど販売されヒットしましたが今では頭皮下の皮下組織が傷める結果となり、髪を作るための毛包や栄養や酸素を運ぶ血管にもダメージを与えてしまいます。

血行を改善するために入念にマッサージ
シャンプー後や育毛剤を塗布したあとの頭皮マッサージは推奨されていますがマッサージすると血流が良くなりますが頭皮全体を入念にやりすぎると成長しようとする健康な髪の毛にダメージを与える結果となります。

高圧水流など専門の器具で頭皮ケア
最近では家庭で使える高圧水流などの専門器具など購入できるになっていますが実は宣伝文句が巧みなだけで頭皮にある皮脂を全て取り除くほど綺麗にするのは髪の毛の成長を妨げる原因になります。高圧水流の機器を使うメリットはまったくケアしていなかった頭皮と毛穴の強烈な汚れを強引に取り除くときに発揮されます。一度、取り除いたあとは毎回、使用する必要はありません普通のケアで充分なのです。逆に毎回使用すると頭皮にはダメージが強く乾燥肌の頭皮となってしまいます。

薄毛には紫外線、日焼けが大敵

薄毛で気をつけたいのは外出時の日焼けです。通勤や通学程度の短い時間なら問題はありませんが野外運動やレジャーで海へ出かけるときなどの長く陽に当たる場合は要注意が必要です。薄毛の男性はとかく髪の毛が水に濡れるのを嫌います。理由は薄くボリュームのない髪の毛がペタッと頭皮にくっついてしまう姿を見られたくないから。

頭皮に髪の毛がひっつくと地肌が透けてみえてしまし周りにも薄毛なのがわかってしまいます。そこで海や野外運動する際には通気性の良いキャップや帽子など被り日焼け、水濡れの対策をします。

薄毛の人は紫外線から肌を守る髪の毛の量が少ないため頭皮が日焼けしやすい傾向があります、頭皮の日焼けは育毛には最悪の頭皮状態なので対策は必要です。対策としては通気性のよい帽子を被るなどですが四六時中帽子を被るのは避けてください。

通気性のよい帽子でも頭を締め付けることで頭皮の血行の流れが悪くなります。また長時間被ると帽子の中が蒸れやすくなり髪の毛と毛穴に汚れがつきやすくなってしまいます。頭皮にも日焼け止めを濡れば解決するじゃないか?と思う人もいるかもしれませんが頭皮に日焼け止めを塗ることは毛穴に皮脂類(日焼け止めに含まれる脂)を塗りこむのと一緒で毛穴を塞ぐことになります。

日焼け止めが有効なタイプとしては前頭部が薄くなってる人は薄くなった前頭部にダメージを与えないように軽く日焼け止を塗る、サンバイザーなど被り前頭部へ日差し避けを作るなど対策すると良いでしょう。頭頂部が薄くなってる人は日焼け止めを塗ることは難しいので通気性のよいキャップで日差しを防御するしか対策はありません。

また、適度に水(海水は塩分を含んでいるので避けるのがよい)を日焼けでヒリヒリする箇所に濡らすことも有効です。濡らしたあとは暫し自然乾燥させて乾いてからキャップを被るでも問題ありません。キャップのかぶり過ぎは頭皮が蒸れてしまい毛穴に汚れが詰まりやすくなるので適度に風を頭皮にあてるようにしましょう。

 

   

 - 薄毛の原因